はじめまして! ふうま さんぺいと言います。

 

 

 

生活保護のケースワーカーをしています。

 

生活保護のケースワーカー(通常はワーカーと言っています)の事を少しだけ説明いたしますと、、

 

ワーカーとは「保護費を正しく適正に運用する人」の事を言います。


国民の皆様が汗水働いて納めてくれた税金を正しく運用するために雇われているのです。

 


真面目に生活保護を受ける人にとってのワーカーは、何でも相談できる頼れる存在ですが、不真面目に受けている人にとっては、クソ的な存在であり敵です。


 

僕は通算するともう15年ぐらいワーカーをしています。

 


ワーカーをしているといろんな人に出会います。


ネチネチとワーカーを攻撃してやまない人もいます。


このことで精神を病んでしまうワーカーもいます。


いくら仕事とはいえ、こんな人の相手をするのは苛酷なことです。


真面目なワーカーほど病んでしまいます。


僕は、病んだことはありません。


ぬぬっ、と言うことは、、、

 



因みに僕の若い頃は「個人情報」と言う観念が世間に浸透しておらず、職員録が誰でも簡単に手に入った時代でした。

 

なので、ワーカーの住所も保護を受けている人に簡単に知られていたのです。

 



今では考えられないですが、帰宅すると自分のクライエントが玄関で待っているのです。

あ〜またか、お金の無心やなとすぐに分かりました。

 

私の妻にとっては、玄関先の道路で怪しい人がずっとたたずんでいるので、さぞかし薄気味悪かっただろうと思います。

 

 

ところで、僕は小学生の頃から外国人にとても興味がありました。

今でもテレ東さんの「Youは何しに日本へ」が大好きです。

外国人と会話するために「英会話」を今でも練習しています。

 

 

その事については別の記事で投稿していますので、よかったら読んでください。

 

 

今後も英会話のことや出会った面白い人のことや出来るだけ面白い事を書いていきたいと思います。

 

興味のある方は、ちょくちょく覗いてみてやってください。