バチェラー(BACHELOR)

あなたは、もうこの番組をご覧になっただろうか。

婚活サバイバル番組。

1人のハンサムで超お金持ちの若い男性を20人の美女が取り合う争奪戦。

カクテルドレスに身を包む華やかな美女たち。

その陰には壮絶なバトルが繰り広げられる。

選ばれた女性にはバラが与えられ、徐々に絞られていく。

そして、最後にたった1人が生き残る。

まさに世の男性が夢に描く漫画のような世界が繰り広げられるのです。

 

 

今回放送されたのは、バチェラーシーズン3。

神戸出身の医療法人経営の親を持つ御曹司。

中学高校をフランスで過ごした長身のイケメン。

最後に選ばれたのは、大阪北新地でホステスをしていた女性。

ところが、今回はこれで終わらなかった。

あろうことか、バチェラーは、最後の2人に残ったもう1人の美女と連絡を取っていたのである。

そして、自分の気持ちに嘘はつけないと、一旦は選んだ女性に一方的に別れを告げて、もう1人の女性のもとに走ったのである。

 

 

特別編で20人の美女とバチェラーがスタジオに集結。

司会の元AKB指原をはじめ、敗れた18人の女性はバチェラーがしでかした

この行動に呆れ果て、ブーイングの嵐。

番組後半では、バチェラーを真ん中にして左右に最後の2人が同じソファー座る異様な光景。

でも、ひどい仕打ちをされた元北新地でホステスをしていた美女は、さすがの大人の対応を見せた。

視聴者のほとんどは、この女性に同情を寄せたに違いない。

私の妻も「もう信じられない、世の男性はみんなこんなものか」と私を責め立てる。

男性はみんなこんなものかと言うけれど、残念ながら、私を含めた世の95%の男性は、女性が争奪戦をするほどモテもしないし、絶対にバチェラーにはなれないのである。(涙)

それなのにこのように理不尽にも世の男性を一括りにして責められた日には、たまったものではない。



そもそも、女性側にしても「イケメンで超金持ちで家柄も申し分ない」


そういう条件だからこそ、自分が幸せになるために色めきだちモノにしたいと


思うのであり、どっちもどっちという気がしないでもない。



Miss KKMiss KK

そうじゃなくて、バチェラーがとった最後の行動が許せないのよ。

 



さんぺいさんぺい

これは、あくまで私個人の考えですが、自分に嘘をつけず正直に行動したバチェラーは、ある意味、勇気がある男だと思いました。


正直、人は誰にも嫌われたくないので、なかなか自分の気持ちに正直になれないのですが、この人は違いました。


一旦は選んでしまったものの、もう1人の女性が好きだという気持ちに気付いた時点で、自分の気持ちを偽って付き合うのは、その女性に失礼だし、より一層悲しませる事になるので、早く決断したとの事です。





Miss KKMiss KK

こんな男は、また好きな女性が現れたら、同じことをしますよ!





さんぺいさんぺい

確かにその確率は高いと私も思います。しかし、誰にも未来の事なんて分からないし、その2人がどうなるかなんて分からないのです。


誰でも自分の思い通り正直に生きていく事は、本当に難しいと思います。


ほとんどの人は、自分個人のことより家族のために妥協して生きていると思います。


特に我われ日本人は、幼い頃より「他人に迷惑をかけてはいけない」と擦り込まれて育てられるので尚更です。

このバチェラーは、中学・高校をフランス・パリで過ごしました。


フランス人は、徹底した個人主義・合理主義の国です。


他人の顔色を伺うなんて事は、ほとんどのフランス人はしません。


どちらの生き方が正しいとか、正しくないとかは言えません。


日本は、狭い国土で人口が密集している島国です。ヨーロッパ大陸とは違います。


ただ私は、自分の考えた通りの人生を生きれたら最高だと思います。


健康や年齢、経済的な事を理由に何でもする前から諦めたくはないです。





ところで、バチェラーは、英語ですが2つの意味があります。



bachelor : a man who has never been married


① 「結婚したことのない男性」と、もう一つの意味があります。


Bachelor of Arts/Science/Education



② 欧米の大学院の修士課程を終了すると授与される学士の意味です。

Bachelor of Arts:文学士

Bachelor of Science:理学士

Bachelor of Education:教育学士

因みに修士課程のさらに上が博士課程、博士号です。 PhD : Doctor of Philosophy


これは主に英語圏で授与されている博士水準の学位です。
普通によく話に出てくる時の Bachelor は、この意味で使うことの方が多いです。
単に独身の男性という時は、He is single. ですね。