まずは次の動画をご覧ください。






どうでしたでしょうか。

ペットという言い方では、もはや納得できないですね。



家族の一員、いや今では家族以上の存在になっています。



子供たちも巣立ち、老夫婦だけの生活にあって、ペットの存在はすごく大きいのです。



確かに、ペットを飼っていると楽しいことだけではありません、大変なこともあります。



毎日の散歩もそうですし、旅行に出掛ける時はペットホテルに預けなければならないので余分な出費がかかります。



そして何よりも一番辛いことが、彼たちの寿命が短いことです。




スヌーピーは、この動画から6年後に13歳で亡くなりました。



自分の親が亡くなった時と同じぐらい悲しかったです。



マロはこの動画の時はウチに来たばかりで1歳でした。



2021年5月8日で9歳になります。




あと何年一緒にいられるんだろうといつも考えてしまいます。



いやいや、いまこの瞬間を大事にしなければと思いますが、ついつい亡くなった時のことが頭によぎります。



ペットロスになるのは確実です。



その時はどうしたら良いのだろうか。



いやいや、いまこの時だけの事を考えよう。



私たち人間はすぐに先のことを考えて勝手に悩んだり、悲しくなったりします。



一番大事な、いまこの瞬間を疎かにしてしまいます



ペットたちは私たち人間にその事を教えるために存在してくれているような気がするのは僕だけかなぁ