投資、ギャンブルの種類

ビル
ビル
この世の中の人は、投資やギャンブルに強い人と弱い人に分ける事が出来ます。
私は、投資の専門家ではないですが、これまでに投資に関する本を何十冊も読み漁り、
実際にも投資やギャンブルをしてきました。
ギャンブルにハマり夢中になりますと、やっぱり借金が出来ます。
すると、その借金をギャンブルで返済しようと、不可能な事を普通に思ってしまいます。
結果、更に借金がかさみ、かなりの痛い目にも遭いました。
もう懲り懲りです。

僕には投資やギャンブルがまったく向いていないと断言出来ます。
なので、この先、儲けたいという気持ちで投資やギャンブルをする事は有り得ません。
もっと早くからこの事に気付いていればと思いますが、仕方ないですね。(涙)
このような経験から、僕は、投資やギャンブルに向く人とそうでない人が分かるようになりました。

今から、向き不向きの人の特徴を伝えます。
ですから、これを読んで自分が向いていない方ならば、即刻投資やギャンブルをやめるべきです。

投資

投資と一口に言っても色んな種類があります。
株式投資、個人向国債、個人向社債、投資信託、ETF、不動産投資、不動産投資信託、個人型確定拠出年金、仮想通貨、金、FXなどでしょうか。

先物取引き

先物取引きと聞けば、還暦前後の人にとって真っ先に思い浮かぶのは、『怖い』と言う感情ではないでしょうか。
私もこの年代でありまして、若い時に私達の親や兄の世代が大豆やら小豆の先物取引で一獲千金という甘い言葉に騙されて、一瞬にして何千万円もの損失を出してしまい、家土地、田畑、退職金でも払いきれずに夜逃げしたり、首を吊ったりする人が沢山いたからです。

これは株の現物取引きとかと違い、自分の持ち金の何倍もの取引が出来る、いわゆるレバレッジを効かせた取引きにおける悲劇でした。

少し前のFX取引でも同じ事が起きています。

奥さんがハマってしまい、大事な子供の進学費用や家を建てる資金などを旦那に黙ってFXに突っ込んでしまい、 すべての貯金はなくすし、おまけに何千万円もの借金を抱えてしまうケースが後を断たなかったのです。

さて、先物取引きと言っても、商品先物取引きや債権先物取引き、それに株価指数先物取引きなどがあります。

私がメインにしていたのが、株価指数先物取引の中の「日経225」というものです。

原理は至って簡単です。

上がるか下がるかを予想して賭けるだけです。

日経225とは、東証一部上場企業の中から選定された225社の株価が

”全体的に上がっているのか下がっているのか”を示す指数で上がるか下がるかを予想して

どちらかに賭けるだけなのです。

世の中の人には、「賭ける」という言葉を使うと怒る人がいますね。

株とかFX、日経225はちゃんとした原理原則があるので、丁半博打とは違うのだから、「賭ける」とは違うんだという訳です。

僕に言わせると何を寝ぼけたことを言ってるんだ、馬鹿やろ〜です。

投資も先物取引も宝くじも、パチンコ・スロットも全てギャンブルです。

ギャンブル

ギャンブルもいろんな種類がありますね。 公営ギャンブルと言われるのは全部で4つ、競

馬、競輪、競艇、オートレースです。

これらの還元率は、だいたい75%です。

つまり、100円を賭けると予め25円は抜かれており、 残りの75円を取り合うのです。

主催者は、自治体です。つまり、お馴染みの市役所やら県庁が賭博主になっているのです。

公営くじ

TOTO、ロト、宝くじの3つです。

還元率は、たったの45.7%なんですよ、皆さん。

悪どいですね〜当たれば大きいですが、これではほとんどの人が当たりません。

これでもあなたは、宝くじを買いますか!

「夢を買っているんだから、別に良いだろ!」

そうですね、ご自由にどうぞ。

パチンコ・スロット

忘れてはいけないのが、パチンコ・スロットです。

これらは、公営ギャンブルではありませんが、管轄は警察署です。

還元率は、約80%だと言われています。

まあまあ良心的ですね。


オンラインカジノ

還元率がずば抜けて良いのが、オンラインカジノの約93%だそうですが、僕は、オンラインカジノに全く興味もないし、したことがないので何とも言えません。

闇賭博

いわゆる丁半博打とか闇カジノと言われる物です。 闇の賭博は、この中には含めません。 僕には、全く闇賭博の経験がないから、何も語れないからです。


投資に向いている人

さてさて、お待たせしました。

投資や賭け事に向いている人は、こんな人です!

熱くならず、淡々と損切りが出来る人
こんな人は、向いてます! どんどんやって下さい。
でも、損失は自己責任でお願いします。(笑)

但し、公営くじには当てはまりません。

公営くじは、「運」だけですから。


他の賭け事は、すべてある程度のことを研究すればするほど勝率は上がります。

パチンコ・スロットなどもその店の傾向を研究すれば対策が出来ますし、

経験上、勝つときは500円〜1000円で大当たりするものなのです。

強い人は、1万円掛けて大当たりしない時は、パッとやめて帰ります。

つまり、損切りが出来る人です。


投資に向いていない人

絶対に向いていない人の特徴は、

直ぐに熱くなる人であり、
「負けを取り戻したい」
「大儲けしたい」
「ギャンブルで借金を返したい」

このように思う人は、やめるべきです。

絶対に借金ができます。

 


投資は、一攫千金を狙う物ではなく、コツコツと積み重ねて、銀行に預けるよりは、利回りがよくなれば良いというぐらいがちょうど良いのです。また、ギャンブルは、あくまでもお遊びであり、ひと時の興奮を与えてくれるだけのもの。そうすれば、たとえギャンブルであっても投資として活用できるかも知れません。
ビル
ビル