ほぼ Addictin(中毒)にならなければ~

 

僕は、出勤時についつい駅のコンビニで

コーヒーやスナック菓子をあまり欲しいこともないのに買ってしまいます。

コンビニの前を通ると

すぅ~と中に引き寄せられてしまうのです。


購入額は、300円~500円。

1回に使うお金は少額だけど、

ちりも積もれば何とやら~1ヶ月に1万円以上も消えます。


このままだと確実に糖尿病になるかも知れないのに

毎朝これを繰り返してます。


もしかして、これって中毒なんだろうか。

さしずめ「コンビニ中毒」


おおお~


僕は、ヘタをすると健康とお金を失う「コンビニ中毒」なのか。



おっと、こんな記事を書けばコンビニ関係者から訴えられそうですが、誤解のないようにご説明しますと、あくまで毎日毎日不必要な買い物をしてしまう僕がダメだと申し上げているのです。


コンビニはその名の通りすごく便利なお店であり、沢山の人のお役に立っています。

社会的貢献度は非常に高いのです。


今やコンビニ抜きでは日本人の生活が成り立たないほどです。

 

ちょっと待てよ、タイトルが「継続させる方法」なのにコンビニがどうだとか、何の関係があるんだよって思ってませんか。


それがあるのです。


コンビニの活用方法が良いか悪いかは横に置いといて、ここで言いたいのは、毎朝コンビニに寄るという習慣が一旦身についてしまうと、なかなか止められなくなります。


物事はなんでもそうです、何かを繰り返し行っていると必ず習慣化します。

「中毒」だと言えば非常に悪いイメージなので、ここでは「強い習慣」と言い換えます。

 


好きなことなら努力をしなくても続けられますが、何かの目標を達成したいというのは、大概好きな事ではなくて苦痛や我慢が伴うものです。



やっとここからがタイトルのお話ですよ~


もしも僕たちが何かの分野で秀でた人間になろうと思えば、日々の厳しい努力が必要です。


医者や弁護士になろうと思えば、膨大な難しい本を読み、理解し、記憶しなければなりません。
人並みの努力では無理です。


勉強を「強力な習慣」にでもしなければ、司法試験には合格出来ません。



プロのスポーツ選手も同じです。


一流になろうと思えば、厳しい練習をほぼ毎日継続することが欠かせません。


でも、一流のスポーツ選手やミュージシャンは努力以外にも才能が必要になってくるので、やはりごく限られた人だけの狭き門であります。



そんな一流の人間を目指すとかという話しでなくとも、
私たちには常に何かの目標を達成したいという欲があります。


資格取得、英会話、ダイエット、禁煙などです。


継続は力なり


達成したいならば、継続しなければなりません。



いろんなブログを読んでも目標を達成するには、必ず継続が必要であると書いています。

そして、継続させるための方法が色々と述べられています。

 


達成したところを想像するとか

小さなことから始めるとか

人に目標を伝えるとかetc.

 



どれも有効だとは思いますが、それでもなかなか続けられません。


僕たち人間はとても弱いのです。


すぐに楽な道を選んでしまいます。


やはり、普通の人にはなかなか継続させることというのは難しいものです。

 



では、どうしたら継続させられるのだろうか。

中毒ぐらいの「強力な習慣」にしないと継続は無理なのです。

 

僕が実践している方法は

人は無理したら続かないぞと言いますが、

僕は逆に最初だけでも無理をしなさいよと言います。

 

やるぞと心に誓ったら、やる覚悟をします。

初めの1日、3日ととにかくやり続けるのです。

小難しい理論や理屈は抜きでとにかくやるのです。

頑張って頑張って3週間は続けてみます。

 

さて、3週間をとにかくやり切ったら、ここからがターニングポイントです。

力尽きて辞めてしまうのか、それとも継続できるのかの瀬戸際です。

 

中には、これは僕に向いていないから止めるという人がいますが、

3週間で判断するのは早すぎます。

 

「石の上にも3年」

 

だいたい3年したら、向き不向きが分かります。

初めのうちは嫌いだったけれど、今ではこれなくては生きられないということだってあるのです。

 

まあ、ここは3年と言わず3ヶ月で判断しましょうか。

 

禁酒・禁煙・ダイエット等は、好き嫌いではなくて、長生きしたければ達成した方が良いよというお話しなので、すべてはあなた次第です。

 

さてさて、とにかく3ヶ月は無理してでも続けましょう。

すると、初めのうちは無理していたのが、段々と習慣になり、やる事が普通になってきます。

何でも慣れないうちは楽しむ余裕もないですが、慣れてくると楽しさも生まれてきます。

 

もうこうなると鬼に金棒です。

 

逆に止めるのが難しいぐらいになります。

 

3か月してもまだ苦しいだけだし、楽しくもないという人は「もったいないモチベーション」で、もう3か月続けてみましょう。

 

つまり、今ここで辞めてしまうと努力した3か月が無駄になってしまう、もったいないと考えてみるのです。

 

そうやって、もう3ヶ月間は根性で頑張ってみてください。

 

半年も続けて習慣にもならず、苦痛しかないのなら、もうそれ以上続けるのは、時間の無駄ですからキッパリとその目標は諦めた方が良いかもです。

 

苦痛な事でも続けていると「遊び」や「楽しみ」が生じてきます。

出来ればそうなるまで続けてみたいですね。

 

最後までお読みくださりありがとうございました。